不動産屋は使い分けると良いってホント!?


駅前の不動産屋は情報集めに利用すると良い

駅前にある不動産屋を利用する際には、最初に出された賃貸物件を軽く見て良い物件があれば後で連絡するようにと伝えて一度出ると良いでしょう。最初に提示される物件は、大家から広告料が多く出る不動産屋が成約させたい物件です。条件に合った物件を探したいなら、10日くらい後で良い物件が出たかメールで確認してみると、そこで初めて本格的に探して内覧に値する賃貸物件を提示してきます。その物件に満足出来るものが無ければ、他の不動産屋をあたる必要があります。なぜなら、それ以上に良い物件を不動産屋は見つけられないレベルだからです。

時間が無ければ地元の不動産屋が頼りになります

時間をかけてゆっくりと何度も不動産屋を訪問することが面倒であれば、一度地元の不動産屋を訪れてみることをお勧めします。なぜなら、地元の不動産屋ならばあまり忙しく無い日を狙うことで、とことん物件探しを手伝ってもらえるからです。地元の不動産屋には、駅前のチェーン店とは異なる専任媒介物件を抱えているので、個性的な物件や優良物件が多いことが知られています。不満が残らない賃貸物件探しをするなら、昔ながらの不動産屋が狙い目と一度訪れたら気がつくでしょう。

内覧希望の物件は最初に現地待ち合わせが必須

インターネットを利用して賃貸物件探しをする際には、初めて訪れる不動産屋は現地待ち合わせを最初に提案すると良いでしょう。現地待ち合わせが可能な不動産屋ならば、釣り広告と呼ばれる架空の物件で集客をしていないことが分かるからです。現地待ち合わせを拒否する不動産屋は、架空物件を扱っている危険な香りがするので、近付かないことが地雷物件を避けるコツですよ。賃貸物件選びで失敗したく無い人なら、現地待ち合わせを積極的に行っているので、遠慮せずに問い合わせてみると良いでしょう。

森の賃貸の魅力として、自然豊かな環境に恵まれていることはもちろんのこと、天然の素材が用いられていることがあります。